2才からのボコちゃんの成長日記etc..
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お出かけ
2011年09月27日 (火) | 編集 |
また近所の土手を散歩。

IMG_6902.jpg

お~い、ボコちゃんどこにいる~。

遠くに見える、橋の所まで歩いて行ったら
帰りは疲れて機嫌が悪くなり、なんと
ベビーカーに乗っていました。壊れる...

この日、ちょっと遠出をしてお隣の県まで出かけました。

すると、電車オタクみたいな人が踏み切りで電車が来るのを
待っていて、「こんなところええ電車が走ってるんか?」と
思いながら通りすぎて行ったので、その時はどの電車が通る
のかわかりませんでしたが、その後すぐにまた踏み切りに
差し掛かったので、信号待ちしている間に電車が来るのを
待ちました。

すると、来たのはこんな電車でした。

IMG_6920.jpg

準急か特急かの電車でしょうか?

これってすごいの??

このノペっとした顔がいいの?


鉄道好きではないので、よくわからない世界でした。





ハング・パラが飛んでいる山にも寄ってみました。

でも、どこの山に入っていいのかわからなくなり、
引き返そうとしていたら、パラの機体を載せた車両が
横を通って行ったので、すぐさま後ろを尾行。怪しい奴だったかもね。


雲の上にいるみたいで、
すごく眺めの良い山でした。

IMG_6949.jpg

↑ここは、ハングの人が飛ぶ場所(テイクオフ)らしい。
パラの人が多く、ハングの人はこの日はいなかった。

ここ、すごくキレイに整備されていてびっくり。
でもフライヤーが少ないそうです。



でもあまりの急斜面で、ゾクっとしました。
落っこちたら死ぬ究極のスポーツだな。


もう、さ、パパさ、ハングしないでいいよ。機体東京だし。


IMG_6951.jpg
パラ、飛んでいました。


時々、お出かけすると気分が爽快とするらしく
ボコちゃんの機嫌も良くて夜もスッと眠りました。

引越しの片付けなので、全然お出かけしてあげられなかった
からこれからは気候も良くなるので、お出かけしてあげたいですね。


ブンちゃんも車に乗っていたら、外の景色を見れて新鮮
みたいで、機嫌がよかったです。全然グズらないし。
家にいたらグズること多く、ベランダに出て外の景色を
見せると落ち着くことが多いので、お外好きですね。


スポンサーサイト

出産のこと
2011年09月25日 (日) | 編集 |
6月7日が予定日だったブンちゃん。
丁度検診が7日にあり内診の刺激を受けたせいか、
生理痛のような鈍い痛みがありました。

8日の深夜2時頃、鈍痛が何となく気になる。でも寝る。
というのを繰り返していたら、朝型4時頃には陣痛らしき
痛みがきて、トイレへ行くと出血。
陣痛の間隔をはかってみると、結構狭い。
出血もしていたし、陣痛の間隔も狭く痛くなってきたので
産院へ電話してみると、来て下さいとのことで行くことに。

行ったのは何時くらいだったのだろう?
8時30分くらいには産院に到着していたでしょうか。
覚えているうちに記録しておけばよかった。

確かに5分間隔で襲ってきていた陣痛が、
NSTを付けたら全然大した陣痛がこない・・・。

一度外してみて様子をみていたら、また痛い陣痛がきて
もっかいNSTを付けると、これまた遠のく・・・。

なんか、この遠ざかり具合、ボコちゃんの時を思い出しました。


痛みのわりに、子宮口も大して開いておらず、


まさかまた長い出産にならんだろうな????

ボコちゃんの時のような長い辛い出産はイヤ。
お願いだから、お願いだから、もっと強い陣痛きて!


と願っていました。



だんだんと時間が経過すると共に陣痛の痛みは
増してきました。
お昼くらいには痛みもまぁまぁあって、でもまだ我慢できる
くらいでした。
夫がお昼前には産院に到着してきたのですが、冗談言ってき
てもまだ笑えていました。

どういうわけか、

「まだすぐ出産にはならんやろぉ~」
「そうやなぁ、時間勿体無いし今のうちに散髪行っといたら?」
なんて話していて、

夫は床屋に行っていたくらいですから!!

今考えるとすごい余裕・・・。

まぁ10分1000円だっけ?かの床屋だしね。
すぐ帰ってくるとわかっていたから行かせたのだけど。



しかし、その余裕も16時くらいからは夫のちょっとした
冗談にもムカツクくらいの痛みになってきていました。


なんかもう新婚じゃないでしょ?
二人目でしょ?

どういう訳かソバにいる夫が余裕の顔していて、
ハッハッハとか笑っているんですよ。
何の会話して笑っていたか不明なんですが、ちょっとした
その余裕な態度にやたら私は

態度、ムカツク!

って言っていたような・・・。


だってこっちは笑ってらんないくらいになってましたから。



今回里帰り出産することになり通っていた産院は、
LDR室があり出産する時には音と光、そしてイルカの映像を
見ながら出産できるようなとても綺麗な病院でした。

でも本格的な陣痛がくるまで、陣痛室で待機していました。
ここは個室で夫も入れるし、ホテルの中みたいで綺麗。

助産師はなかなか本格的な陣痛がこない私に、アロマをたいてくれたり、
足をアロマオイルを入れて温めてくれたり、色々としてくれました。


子宮口が8センチくらいになった時にはLDR室へ移動したと思います。
ってかもう覚えてない。
どうやっていつ移動したかの記憶がありません。

ただ、LDR室で子宮口が8センチだってのを聞いた記憶はあります。
私も陣痛が来るたびに、意識がおかしくなりそうなくらい痛く、
その痛みの最中はやたらとイルカの映像を凝視していました。

そして出産の準備をし始めていて、8センチだからまだ産んじゃあ
いけないのね。って思っていたら、いつのまにか我慢限界の痛みが。


「イキみたい!」ってなり勝手に出そうとする私。

だって体が出そうとイキんでしまうんですよね。

「待ってまだ我慢して」と言われ、

無理無理、これ我慢なんてできん!

と四苦八苦していたら、

いつの間にかもう出産してもいいよ的なムードになっていて、
陣痛に合わせてイキめる体勢に。


そうそう、破水もその時には自動的にしたんじゃあないかな。

「破水しました」とか言っていたような気がします。



さぁこれでやっと思う存分イキめて、いよいよ出せるんだ!
と思っていたら、問題が生じます。
イキむと同時に太ももと足のふくらはぎが攣りそうになったんです。
と言うか何度かツった為、おもいっきりイキみにくかったのです。


ボコちゃんの時は痛み止めの注射をしたせいもあり、
意識が朦朧としていたし、何度イキんだのか記憶がなく、
いつの間にか出てきていたという状態でした。


でも、ブンちゃんは痛み止めの注射もしていないし、
陣痛促進剤も使っていない、普通の分娩。

イキんでもなっかなか出てこないのね。

ゆっくりちょっとずつ出てきていた感じ。

なんか今出てきたような気がしたのにまた
へっこんだ??ってな感じで、私的には痛いから早く
スポって生まれてきてくれって思っていたんですが。


何度イキんだのか、もうどうでもよくなってきていたら
助産師に

「頭出てきたよ、みて!」

と言われ、


あぁ、ほんとだ、ちゃんとしっかりしないと!

ってなりました。


あとはイキまない呼吸法を指導され、出てきたような気がします。

時間は、18時17分。3156gの元気な男の子でした。



今でも覚えているあの頭が出てくるまでの痛さ。
なんかアソコがメリメリメリって感じで、すんごいイヤでした。


自然に分娩するとこうまでも痛いなんて思いませんでした。

みんなこんな痛みをしながら産んでいるの??

ほんと何人も出産しているママさんはすごいなぁって
改めて思いました。


私この痛みが一人目だったら、二人目は確実に無痛分娩に
していたことでしょう。


そうそう隣に先に分娩していた人がかなりうるさくて、
私も痛かったけれど、二人目のプライドでギャーギャー
言わないように産みました。
ボコちゃんの時も言ってないけどね。

でも、「うぅ~、痛い。たまらん」ってのは良く言っていましたが。

最後の最後には、イルカの映像なんて見てる余裕は
やっぱりありませんでしたけどね。


LDR室だと、生まれてすぐの赤ちゃんを綺麗にしたりするのも
私から見える所でやっていました。

ボコちゃんの時は生まれてすぐ、別の部屋で洗ってもらっていて、
カンガルーケアなるものをちょっとしてすぐ持って行かれたのです。

なのでしばし分娩代でず~っと一人ぼっちで、
「私ほんとに赤ちゃん産んだんだっけ?」って思えたんですよね。


ブンちゃんは長い時間、私の胸の上でカンガルーケアをしました。
これにはかなり満足。嬉しかったです。


どのくらい経ったでしょうか、ブンちゃんとは離れ立っておトイレ
へ行かないといけませんでした。

自分でトイレできないと、お部屋には移動できないのです。

でも、イキみすぎたのか何なのか、体をあげると呼吸がとても
苦しくなるのです。

意識はしっかりしているのだけれども、脈が速い感じで苦しい。

何度かリクライニングを少しずつあげてゆき、挑戦するもやっぱり変。


とりあえず、ご飯の時間も過ぎていたと思うので、分娩室に夜食を
持ってきてくれてそこで取りましたが、あまり食べれませんでした。


そして食べたし、少しは元気出たかも。とまたチャレンジするも
立てない。


夜22時になり、夫は産院には泊まれないし、
実家に帰ってもらうことにしました。

いつまでもLDR室にいることもできないし・・・

ってことで、助産師付き添いのもとおトイレへ連れて行ってもらい
ましたが、おしっこは出ませんでした。

トイレの中が暑いからか、私の脈が速いからか、何だか私は
吐きそうになりました。

すぐにLDR室に戻り横になりました。

寝ていたら楽なんです。

起き上がると脈が速くなり、変な感じになるんです。


脈は確かに速いみたいなのですが、命の危険があるほど
異常なほど早いわけでもなく、ちょっと早めかなと言う感じ。
でも100は常に超えていました。

結局おトイレは出ないので導尿されて、何かあってはいけない
ので、お部屋には入ることでできずLDR室を出て、陣痛室で
その日は眠りました。


夜中に1度トイレがしたくなり、行ってみるとようやく一人で
おトイレができました。
でもフラフラでした。

体がすごくだるしんどくて、そして脈が速いのが自分でもわかるのです。

血栓がどうのこうのって説明も受けていたので、それは大丈夫だろうと
言うことだったけど、もしポクって死んじゃったら??とかいう不安も
あったりで、脈が速くなると息が苦しくなって私どうなっちゃうの?
ってなり、本当に恐かったです。


朝にはようやくお部屋へ行くことが許されホッとしましたが、
脈の速さとフラフラとした疲労感はなかなか取れませんでした。


入院中、脈が落ち着いたのは3日目くらいでしょうか。

フラフラ感は退院する1日前まで続きました。


とりあえずここで止めます。
続きはまた。


お散歩
2011年09月24日 (土) | 編集 |
こちらの生活も随分慣れてきました。

田舎~な生活、満喫しています。(ってかもう秋田

車の移動は欠かせないのですが、
近くの道を何度も走っているとふと

「あぁ~、本当にここに住んでいるんだなぁ・・・」

としみじみとします。

なんか未だに不思議に感じてしまうのです。


そう言えば、結婚して東京に住むようになった時も
家の外を眺めながら

「あぁ・・・、大阪は遠いなぁ・・・・」
「友達もいないよなぁ・・・・」


とセンチメンタルになっていました。



でも、ここはまだ大阪が近いから許すっ。(ん?何様?)



時々、辺りを散歩してみることにしました。

IMG_6890.jpg

でも、散歩途中でブンちゃんが泣き抱っこしてみると
おしっこもらしていたぁ~

で、すぐさま帰るはめに。


これからも、色々と探検してみようと思います。


サギ
2011年09月13日 (火) | 編集 |
013.jpg

昨日から田んぼを稲刈りしていました。

写真は今朝の風景。

サギがきていました。

サギも色々な種類がいるみたいです。

こういう鳥を見るだけでも朝がすがすがしいですが、

一人すがすがしくない人が・・・・。


それはボコちゃん。


寝る時間がちょっと遅くなると朝すごい抵抗されます。

いつになったら、平和に朝を迎えられるのでしょうか。


夜驚症
2011年09月08日 (木) | 編集 |
ボコちゃんが眠った1時間後くらいでしょうか、
突然泣き出し、何を言っても目を開けず泣いて怒って
いて、ギャーギャー泣きパニックに陥りました。

夜泣き・・・

と思い今一度ネットで色々と検索していたら、

それは、夜泣きではなく


夜驚症


の症状でした。



引越しや新しい環境でのストレスが
あるのだと思います。


まさか6歳になって、こんなギャーギャー泣かれ
驚きました。


そして、おしっこをしにトイレへ行ったら
意識がハッキリしてきたかのようで

「ボコさっきどうしちゃってたの?」

と言っていました。



んで、落ち着いて寝た~って思ったらまたその
1時間後にも発生。


もう今夜はそうならないことを願います。


まるで悪霊が取り憑いたかのように見え
とても恐かったですよ。私は。


始業式
2011年09月01日 (木) | 編集 |
ボコちゃんも先日6歳になりました。

ブンちゃん出産する時に5日間産院に入院し、
ボコちゃんと離れていました。
そして生まれてからはブンちゃんのお世話でいっぱいいっぱいで、
ボコちゃんと思う存分相手してあげることができませんでした。

私が相手してもらえないのをわかっているので、ボコちゃんは私
の両親や兄が家にいる時はベッタリくっついていました。

私ベッタリだったボコちゃんにとっては、パパも離れての暮らしで
寂しかっただろうし、ブンちゃんも生まれ我慢が多かったと思います。

実家滞在中は、後半くらいには転園や引越しのことでストレスが
出てきたのか壊れることがしばしありました。
自分の気持ちをコントロールできないって言うのでしょうか、
イライラしたり、怒ったり泣いたりと大変な時も。。


幼稚園も暑かったようで夏バテで痩せてしまったのですが、
引越し前に熱が出てしまい更にゲソっと痩せてしまいました。


ある時に、ボコちゃんとくっついて抱きついてみた時に
改めてボコちゃんの背中の骨が出てることに気付きました。
痩せてきたのは知っていましたが、

いつのまにこんなにガリガリになったんだろう???

といつもなら些細な変化にも気付き易かったけれど、
ブンちゃんが生まれておろそかになったことは事実で、
ボコちゃんには大変申し訳なく思いました。


こちらに引越してきてからは、パパと接する機会が増えたので
ボコちゃんの情緒も落ち着きました。

ただ、今日から幼稚園に初登園しましたが、慣れない場所での
生活や新しいお友達との交流などもあるので、完全に落ち着く
まではまだしばらく時間がかかるかもしれませんね。


幼稚園は、ボコちゃんが通う学区は田舎の所なので年長さんしか
なくて人数も少なく、朝は小学生の子達と一緒に登園して行きます。

その集合時間がなんと7:30!早っ!!


実は給食もなくて、毎日お弁当を作らないといけません。

私は一体何時に起きるの~?!

って感じでかなり億劫なのですが。。


今朝はボコちゃん6:30に起きて、自分でご飯食べて
服着て機嫌良く行ってくれました。


実は夏休み中生活リズムが狂いまくり、寝るの23時くらいでした。
そして起きるのは10時とか。(←すごい生活

なんかね、うちの子、寝ないんですよぉ。
眠くてもいつまでも起きておきたいタイプなんです。

朝起こす時間が遅いからなんですが、これじゃあ幼稚園には
行けないと思い、前日の日早く起こしてみて練習してみたら
怒る怒る泣く泣く

「あぁ~、朝起きれないからもう幼稚園行くのやめようかな。」

とか言っていて、文句の嵐。

完全に目が覚めきるまで大変でした。。マジで。。。


でも昨日、幼稚園に資料を渡さないといけなかったので
園に行き先生と会ってお話したせいか、ボコちゃんの中で
頑張って行こう!って気持ちの準備が出来たのか、今朝は
ニコニコで起きました。

「あぁ~、今日から幼稚園だぁ~。緊張するぅ~」

とか言っていましたヨ。


このご機嫌なのも今だけ?
慣れたら、「眠い~」とか言われるのかなぁ・・・。



何はともあれ、頑張って行ってほしいです。


初登園風景。

110901_0737~001


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。