2才からのボコちゃんの成長日記etc..
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地震1
2011年03月25日 (金) | 編集 |
忘れないうちに地震のことを。

11(金)、ボコちゃんは午前保育だったため、
お昼を食べに行こうと埼玉のとあるショッピングセンターへ
車で行っていました。

まず、プリクラしたいと言っていたので、ゲーセンでプリクラしてから
エレベーターに乗り、回転寿司屋に向かい歩いている時のこと。

この日は何故かボコちゃんが何度か「そんなところでコケる?」
「そんなところで打つ?」って感じで、ちょこちょこ怪我をするので
今日はあまりツイてないのかなぁと思い何か不安だったので、手をあえて
繋いだ記憶があります。

その時です。

事前にくる緊急地震速報の加減か、お店の人が出てきて
「どこが安全なの?」とか言っていて、私は「なに???」
って思っていたら、突然揺れ始めました。

ちょっとくらい大丈夫かな・・・ と立って様子を見ていたら、
吹き抜けの2Fにいたせいかすごく揺れ始め、みんながキャーキャー
言い出し、ドカーン!ガシャーンガシャーンと何の音かわからないけど
すごい物音がしてきて、私も上から何か落ちてくる物がないか確認しな
がら、ボコちゃんを抱きしめしゃがみました。

すぐそばにエスカレーターがあって、外が見え駅のロータリーが見えま
したが、建物の揺れか地面が揺れているのか、全ての外の景色が異様に
揺れていて、頭の中に「建物の構造上、この2Fはヤバい。下に落っこちる」
と不安になり、揺れがマシになった瞬間、緊急停止したエスカレーターを
ボコちゃんを左手に抱え、右手はエスカレータの手すりを持ち降りました。

その間も、揺れている・・・。
外に出たのはいいけれど、建物のガラスが落ちてくる可能性・バス停留所
の屋根が倒れてきそうだったので、何もなさそうな場所へ移動。
ボコちゃんは大泣きはしなかったものの、恐がっていました。

コートの帽子をボコちゃんに被せ、揺れの様子を伺っていたら
夫からの電話。
夫は出張していて、高松空港から羽田に向かうところでした。
国会中継をTVで見ていたので、びっくりしたらしい。

大丈夫であることを伝え電話を切ると、今度は大阪の母から電話。
絶対次もまたデカいのがくる可能性あるから気をつけてと。

そう、関西の地震でもそうだったけど、1度デカいのがきたら、
次もまたくるのだ。
揺れが落ち着いた時、駐車場へ行き急いで出ることにしました。

すると、天井の何かの破片?やタイルが剥がれているのか
何やらたくさん地面に落ちていて、それもまた恐怖でした。
車で出る時も、余震があり、揺れていました。

とりあえず、何も食べてなかったので近くの駐車場の広いコンビニに
停車しました。
食べられる物を買いに行こう歩いたら、腰とお尻の骨が痛い・・・。
どうやらボコちゃんを抱っこして階段を下りた時に痛めたようです。
ゆっくりゆっくりしか歩けない。
したらその時にまた大きな地震が。
慌てて、車の中に乗り込みました。
車の中でも遊園地の乗り物にでも乗っているような激しい感覚の揺れです。
この時の地震は、茨城の地震だったよう。

そして、また揺れが落ち着いた時に、おにぎり・パン・お菓子など
食べられる物を色々買って、車の中に。それでもまだユラユラしていましたが。
(この時はまだたくさんコンビニに品があったよな。。。)

自宅まであと少し。 車に乗っている間に、義親からの電話。
義親宅も相当揺れたらしい。

家に到着したら、周辺の人達が外に出ていました。

家はどうなっているんだろうと入ってみたら、
想像していたより悪くはなかったけれど、
食器棚のコップなどが下に落ち破片が散らばっていました。
10コくらい?は捨てたような気がします。
あとは泥棒が入った??みたいな状態。
2Fは部屋のタンスの引き出しが空いていたり、物が落ちていたり
ということはあったけれど、あまり物を置いていない部屋もあるので
まぁあの地震のわりに2Fの被害は少なめでした。

家にいても余震が続きました。
途中、ガスがストップし、 東京ガスのサイトが繋がらなく困っていたら、
交流のあるブロガーさんからガスの復活の方法を教えてもらい、助かりました。

仙台にいる交流のあるブロガーさんもいて、すごくすごく心配でしたが無事だと
聞き安心。 お隣のお家のご両親が仙台にいるらしく、連絡が取れないらしい。


地震があると、家族がすごく大切に思える。

夫に側にいてもらいたいのに、いない。

結局高松空港で足止めをくらい、飛び立てず。

高松で泊まれば?と話をしていたけれど、18時頃にようやく飛ぶらしいとのこと。
でも羽田到着しても、東京の電車は止まっていました。高速もストップ。

私が「お義父さんが隣に乗ってもらえば、車で何とか羽田まで行けるかも」
と提案したので、夫は飛行機の乗りました。

が、大阪の両親や義母は身重な体で余震も続く中、羽田まで車で行くことに反対。
何だかんだしていたら、夫は羽田に到着しました。
もちろん、モノレールは動いていない。

とりあえず、行ってみないと状況が分からなかったので、
22時は過ぎていたかと思います。義父と一緒に車で行ってみることにしました。

ボコちゃんは義母と一緒に家にいてもらいました。
すると、裏道を通るもすごい車の渋滞。
川があるのでとりあえず橋を渡らないと都心まで行けない。
その橋までも到達できなくて、いつもなら10分でも着きそうな場所に
1時間30分も経過しました。
車に乗っていても余震が続くし、もう寝ているだろうボコちゃんを置いてきている
ことも心配。これはもう1晩かかると思い行くのをやめました。。

夫は高松で半時間待たされ、やっと飛行機に乗れたけど
どうしようもない状態にガックリ。
結局、毛布とダンボールを無事もらえ、1晩空港内で過ごすことになりました。
寝床を探し、まさにルンペン状態。 かわいそうだけど、仕方ありませんでした・・・。
スポンサーサイト

巨大地震
2011年03月12日 (土) | 編集 |
とりあえず、無事です!

コマなし自転車
2011年03月07日 (月) | 編集 |
今日は朝から雨だと思っていたのに、
現在雪になっていますよぉ。


先週と今週の土日、ボコちゃんはパパとコマなし自転車の
練習をしていました。
(コマなしとは、補助輪がないことです。)←大阪弁かな?

ボコちゃんの自転車は年少さんの時に買ってあげたのだけど、
少しサイズが大きくて、足が完全に届かないためなかなか
補助輪を外す練習は出来ませんでした。

でも、幼稚園のお友達の中にはコマなしに乗っているという話を
聞くからでしょうか、本人の口から「練習したい」と言いだしま
した。

私は妊婦なので、倒れそうになるのを支えることが出来ないため、
夫のいる土日に面倒をみてもらうことに。


きっと、どんくさいから時間かかりそう~
こけたら泣きそう~

なんて私は思っていたのですが・・・


たった、3,4日の練習で、乗れるようになっちゃいました。

それも実際2日間は、大した時間練習していなかったのにね。


「俺の指導がいいからだ」


と、パパさんは言っていましたが。。。どうなんでしょうかね。



ペダルを外しての練習でバランスを取れるようになってからの
方が上達が良いと思い、ペダルを取ろうとしていたのですが、
なかなか片方のペダルが外れなくて、結局は付けたまたでの練習。


背が伸びて、両足が地面に着くようになったから安心して
練習させられましたが、それでもこけて怪我しないか心配でした。

数回はこけたみたいですが、泣きませんでした。



なんか、逆上がりが出来た時の喜びも嬉しそうでしたが、
補助輪なしで自転車に乗っているボコちゃんの顔がすごく嬉しそうで、
「補助輪を外せた」「乗れた」って言う喜びは、本人にとって相当嬉
しいことだったみたいです。

私も見ていて、ジ~ンってきました。


大人になると、色々なことが出来て当たり前になってきて
達成できた喜びってあまり感じることが出来なくなってきますからね。

ボコちゃんなんかは、まだまだ小さいから、これから大きくなるにつれて
どんどん達成できることばかりが待ち受けているよね。

色々と頑張って欲しいです。


いや、ママやパパもボコちゃんに負けず、色々なこと頑張らねばね♪


私は、まずは赤ちゃんを出産するというお仕事が待っているからね。

頑張らねば。




7ヶ月検診(25w6)
2011年03月01日 (火) | 編集 |
昨日は、産院の検診日でした。

またボコちゃんを連れて(あっパパ代わりです)行ってきました。


赤ちゃんは923gになっていて、もうすぐ1000gです。


エコー写真は、相変わらずちゃんと写っていないと言うか・・・。

何となくだけど、男の子なのでボコちゃんよりは男の子っぽい感じの
骨格?輪郭?をしているような気がします。


後になってちょっと気になったのが、先生は何も言わなかったけど
エコー写真に「FL」って表示されているのがあって、そこを見ると
EDD(分娩予定日)が6月15日になっていたよ。

調べたら、「FL」って大腿骨長・太ももの骨の長さのことなんだね。
足短いのかな?

他、BPD(BPD(児頭大横経) FTA((胎児胸郭断面積)って
ところは、分娩予定日とほぼ同じだったけど。

こういうのは誤差があるからね。
あまり気にしないようにしよう。



で、肝心の胎盤の位置なんですが・・・・


相変わらず「低置(低位)胎盤」のままでした。


そうすぐには治らないかぁとは思いつつも期待していたので、
ちょっと落ち込みました。


でも、ほんのわずかだけど上がっていたんですよね。
子宮口から3センチ(←だったかな?)離れると、そこの産院で
出産できるらしいのだけど、あと0.4ミリ足りない感じ。
前回より0.2ミリだったかな?離れたみたいだけど・・・。


ネットで調べてると、胎盤は子宮口から5センチ以上離れている
と正常らしいですね。

5センチまではほど遠いけど、せめて3センチ以上は離れてほしいよ。


次の検診で、転院かどうかが決まります。

先生も「微妙!」と言っていました。


仮に転院しても、完全に治れば戻ってこれるみたいですけどね。


前置胎盤も低置胎盤も、母体の出血のリスクは高いので、
大学病院とかになってしまうのだけど、胎児・新生児の集中治療
管理室だけじゃなく、母体の集中治療管理室がある病院でないと
いけないらしく、私が転院ならここがいいな・・・と思っていた
病院は新生児の集中治療室しかないので、ダメみたいです。

紹介される病院はそう遠くはないけど、昔医療ミスがあった病院で
(産科ではないけど)、評判がそうよろしくないので、あまり私的
には好めないんだけど、仕方ないかぁ・・・。


結構、30週過ぎてから治る人も多いらしく、
私もそれに期待したいと思います。



あと、現在また逆子みたいです。

まだ7ヶ月なんで、逆子体操とかしないのだけど
これも治らないとどっちみち帝王切開なっちゃうんだよね。


ボコちゃんの時もギリギリまで逆子だったしな~。



ボコちゃんがお腹の赤ちゃんに、


「ボコ男(オ)ちゃん(なぜかそう呼ばれている)、
 ちゃんと頭を下にするんだよ~」
とか、

「ボコ男ちゃん、胎盤をヨイショって上に持っていって
 あげてね」
 ↑赤ちゃんには関係ないことでどうしようもないんだけどね

とか言い聞かせてくれてるんだけど、


私が、


「胎盤もあまり上がってなかったなぁ・・・・」

「逆子になったままだしなぁ・・・・」


って言ったら、



「ねぇ、ボコ男ちゃんって、ボコより性格
   わがままなんじゃない?」



って言っていました。Σ(゚□゚ノ)言うこときかないからか?


あなたより、わがままな子だなんて・・・




いやいや、わがままでもいいさ、ボコちゃんに相当慣れてるからっっっ!!



元気に生まれてきてくれる、それだけでいい。





あと、お腹が張りやすいのです。
低置胎盤だから張りやすいのだろうか?
張って子宮収縮されると出血してしまうから、張っては
ダメなのですが、妊娠後期に近づいてきたせいか張り止め薬を
そのくらいの時期の妊婦さんが飲むお薬に変更されました。


それがね・・・・


副作用に動悸・手の振るえがあると聞いていたのですが、


ほんと~にその通りで、脈が速いっっ!



昨日、習い事教室へ行く際に飲んで行き教室で何だか
ドキドキしてきて、その時は階段を上ったせいもあるかも?

と思っていたのだけど、



今朝また飲んだら、明らかに頻脈になった!


そして、息苦しい感じ。

この日記書いていたけど、途中でやめて横になったよ。



先生は「しばらくしたら、お薬にも慣れるから。」

なんて言っていたけど、これはちょっと嫌だなぁ~


緊張もしてないのに、ドキドキするんだもん。苦しいよ。



次回、2週間後にまた検診なので、
先生に相談してみようと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。