2才からのボコちゃんの成長日記etc..
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


薬の副作用?
2010年05月23日 (日) | 編集 |
GWに扁桃腺に膿がたくさん付着し強烈に喉が痛く熱も出ましたが、
抗生剤を飲んだら治りました。

でも、完全に治りきってなかったのか再度喉が痛くなり、
また膿が扁桃腺に付着してきていたので、また病院へ行きました。

薬をしばらく飲んでいたら、痛みは治り今度は鼻水が出るように
なったので、残り少ない抗生剤はストップし市販の風邪薬(鼻水)
を飲んでいました。

でも市販薬飲んで4,5日経っても鼻水は止まらない。
カモガヤなどの花粉症でもあるので、始めはアレルギー反応で鼻水
が出ているかと思ったけど、鼻水が黄色くなってきて喉もイガイガ・
咳も少し出てきて、どうもいつもの風邪とちょっと違うように思い
土曜日に耳鼻科へ行ってきました。


鼻のレントゲンを撮った結果、「急性副鼻腔炎」と診断されました。
「蓄膿症」とよく言われるやつらしいです。
鼻の右下の空洞みたいな所に、膿がたまっているらしく、レントゲン
で説明されました。

こんなのなったの初めてなんですが・・・。


扁桃腺の風邪が悪化した結果、これになったようです。


慢性化すると手術したりと大変なようですが、今は薬を飲んだら
大抵は治るらしく、でも最低1ヶ月はみてくださいと言われました。


もう5月から完全薬浸け状態ですよ・・・。



それで、耳鼻科でもらったお薬を夜飲んだのです。


したら、その30分後くらいでしょうか急に目がすんごい痒くなってきて
クシャミと鼻水が出てきました。
白い鼻水だったし、窓開けているしアレルギーによる鼻炎?って軽く思っ
ていたら、その後体にポツポツと蕁麻疹がたくさん出てきたのです!

特に酷かったのはお尻から足。手にもできました。

不思議なのが背中と正面のヘソより上には蕁麻疹が出なかった。
脂肪があまり付いてない部分は蕁麻疹が出にくいのかな?


目の痒みは治まったものの、蕁麻疹が出っ放しだったので気持ち悪く
なり救急病院へ電話してみました。

すると、嘔吐もなく呼吸が苦しくないようで、目の痒みも落ち着いて
きたようなら大丈夫みたいなことを言われ、仕方ないので家で様子を
みていました。


でも、体の蕁麻疹の痒みが落ち着くのに4時間かかりました。

自分の体にあんな酷い蕁麻疹を見たのは初めてで気持ち悪かったです。


晩御飯は随分前に食べていたし、薬を飲んでから症状が出たので
薬の副作用じゃないかなぁと思うのですが・・・。



ジェニナック(抗生剤)
ムコダイン(痰きり)
ムコスタ(胃薬)
ビオフェルミン
アレグラ(抗アレルギー剤)

を飲んだのです。


ジェニナック以外はよく聞く名前で飲んだことあるので、
このジェニナックってやつが怪しい感じがします・・・。

薬が合わなかったのかなぁ・・・。


日曜日は病院もやっていないので、
月曜日に別の病院へ行ってみようと思います。

土曜日に行った耳鼻科に再度行ってみてもいいんですが、
なんかまた変な薬出されないかと恐いです。。


それとも、その耳鼻科へ行き

「この薬飲んだら、こんななったやんけ~!」

と証拠写真(撮っておいた)でも見せといた方がいいのかな?



ほんと、気持ち悪いすごい蕁麻疹でした。


思い出したくない・・・。


記録に残しておきたいので、ブログにUPしておきました。


スポンサーサイト

久々の誤食
2010年05月17日 (月) | 編集 |
最近では、乳がほぼ解除に近付いています。
ヨーグルト・ヤクルト・その他の乳製品を食べても反応しません。
たぶん牛乳もガブ飲み(コップ2杯とか)しない限り、大丈夫かと思います。


現在、気をつけているのは 卵白とカニ・エビです。

まぁ、カニは高級なんで食べることはあまりないのですが、エビってのは
結構厄介です。

お子様ランチなどには大抵、エビフライが入っていることが多いのです。
幼稚園の給食でもエビが入っていることが多いから、子供には人気なのでしょうね。

エビ煎餅くらいなら大丈夫ですが、甲殻類の解除には時間がかかる且つ危険
と聞くので自力での負荷テスト(っていつも自力だけど)が進んでおりません。



昨日のことなのですが、久し振りやにラーメン屋さんに行きました。

そこのラーメンには卵白が使用しているので、野菜炒めを注文したのですが
それには生卵がトッピングされるため事前に「卵は他の器に入れておいてください」
とお願いしていました。その生卵は夫のラーメンに入れるため。

定食やラーメンなどが届き、皆で食べ始めていたらボコちゃんが
「耳がかゆいかゆい」と言い出し、様子がおかしくなってきて、特に変なもの
あげてないのに何でだろう???と不思議でした。
痒いから食べるのに集中できなさそうだったので、とりあえず持参している
抗アレルギー剤を飲ませました。

それから下唇の右側がプク~っと水膨れのように膨れてきて、
明らかに様子がおかしい。


「漬物と豚肉くらいしか今食べてないのに、おかしいわぁ・・・。
あれかなぁ・・・、漬物入れたお皿に卵が入ってたからかなぁ?」


と私が言うと夫が、

「それだよ、卵だよ!!」 と驚いた声で言うので、

「でも、卵って殻が付いたままだったでしょ?
そんな殻くらいで反応するか~?」
 と言ったら

「殻なんて付いてないよ!
パカって割られた状態で器に入っていたよ
と。

えええええ???
 そっそうだったっけ???

  (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


確かに、夫が「じゃあ卵入れるよ」と言い自分のラーメンに
卵を入れていたような・・・。


ボコちゃんに食べる物を分け与えるお皿が足りなかったので、
ちょうど空いていたその生卵が入っていたお皿に、私が
漬物を入れちゃったんです!

なんてアホなことを・・・。

夫も気付けよっ!

ってか、私が気付けって感じ??


生卵が入っていたお皿、それも黄身は崩れてないし
あれは卵白

いっちゃん数値の高い、憎き卵白。。(←ヒツコイ?)


そりゃ、反応するよねぇ。。



かなり危険な負荷テスト、それもいきなし生から!

あり得ん・・・。_| ̄|●;;;



んで、唇がマシになってきたと思ったら、次は両目が痒くなり
目が腫れぼったくなってきて、もうチャチャっと食べてすぐ出ました。

1時間後くらいには落ち着きましたが、今回は皮膚(頬など)には
湿疹が出なかったのですが、唇や耳の中、目などの粘膜系に症状が出るのは
ちょっと恐いなぁと思いました。

私がソバを食べた時、唇が膨れてきて喉が痛くなった時もそうなのですが、
喉が腫れて呼吸困難とかになる危険もあるので、アレルギーは油断すると恐いです。



ボコちゃんも、「もっとラーメン屋にいたかった。もっと食べたかった」と
泣いていて、ボコちゃんに悪いことをしました。

せっかくの楽しい外食(ってもラーメン屋だけど)が、台無しでした。

夫婦で反省。

これからは、生卵が存在すると気を引き締めないとと思います。


年中さんになって
2010年05月01日 (土) | 編集 |
4月に、ボコちゃんも年中さんになりました。

年少さんの時に使用していた部屋のすぐ横の部屋が、年中さんのクラスになりました。

園舎が2ツあるので違う園舎になると思っていたのですが、今年は年少さんが門から遠い園舎になったみたいです。


進級式ってのがないので、担任も分からず家庭訪問で初めて知りました。


家庭訪問も、始業式の後すぐのことだったので先生もまだ園児と長い時間接触していないため、園での様子はまだ色々聞けない状況です。

先生は年少の担任よりは若くて優しそうな先生です。30才くらかなぁ??
年少の担任が少々厳しかったので、年中ではこのくらいの先生で丁度いいかなぁと思っています。


先日、ボコちゃんの年少の頃の様子をブログで読んでいたら、1学期くらいは登園拒否に私のアトピーの悪化など、結構悲惨な日々を送っていたんだぁ・・・と、「私・・・お疲れさまやったね...」と自分を慰めていました。


年少さんなりたての頃は、人間の顔を書くのを苦手としていたんですね。
これは、上手に書けなくて失敗した~って怒って泣いていたので、幼稚園なんてのは絵を描くのが多いため私はすごく心配だったんですよ。
ボコちゃんの上手に書けないとキレて泣くのも、私から見たら全然ヘタではないんですよ。
ちょっと線がはみ出たりする程度なんですが、そういうのも許せない時だったようです。神経質なんでしょうね。

私がうまく描くと同じように描こうとするため、私がヘタに描くようにしたり、線からはみ出てもヘッチャラ!って態度をとったり、ボコちゃんの描いたのをベタ褒めしたり、まぁいっろいろなことを試し続けました。
一番効果あったのは、私がうまく描かないことだったような気がします。

そして、年少さんの夏くらいには、お絵描きが苦手ではなくなったようです。

今では、お絵描きが大好きになっています。

幼稚園で発表会の絵がテーマだったりすると、みんなは人間(自分やお友達)をメインで描きそれだけで終っていましたが、ボコちゃんの絵は舞台にあがっている自分とそれをイスに座ってみている私とビデオを撮っているパパを描いていました。舞台の幕には園章まで描かれていて、絵がすごい上手いかどうかはわかりませんが描写力があると言うかなんかちょっとすごいなって思ってしまいました。(←親バカ目線)
お友達までいっぱい描いてくれてたら、もっとすごいなぁ・・・と思ったんですけどね。


まぁ、あんなお絵描きでキレていた子が、よくぞここまでに成長してくれたと言うか、ほんとホッとしました。


最近は、ひらがなを書きたがるんですが、うまく書けない字があるとイラつていますね。


ボコちゃんの性格は負けず嫌い。
自分が優位にたっていたいタイプなんで、相手が私だとその傾向は更に強いです。

ピアノも私が教えても、ほんと全然言うこと聞きません。
あ~だこうだ文句言い、「ママが弾くとわからなくなるんだよ!」とか「触らないで!」とか出来ないと荒れまくってくるので、もうこれまた私も教えないようにしました。
お絵描きと一緒で、「あれ?どこだったっけ?」とかヘタな不利をしている方がいいみたいです。そうすると、「それはここだよ」とか自信満々で言ってきたりします。

ピアノは、昨年の10月くらいから同じ幼稚園のママさんのお子さんと一緒にグループレッスンを受けています。グループと言っても二人だけなんですけどね。(^^;)

リトミックやれ色々な楽器を触ったり、色塗りもしたりと、遊び要素が多いので本人はすごく楽しそうに通っています。親的にはこんなんで上達するのか?と思いますが・・・。

ピアノも私が極力教えないようにして、放置していたらピアノ教室でも大したレッスン受けていないにも関わらず勝手に絶対音感が少し出来てきてるようで、鍵盤を触りここかな?ここかな?と思いながら、自分で簡単な曲を弾いたりするようなりました。
時々、教えてないのにシルバニアの曲を弾こうとしていてびっくりしました。
途中でわからなくなり、やめていましたが。

親はつい関与したくなるんですが、そこはグッと我慢しています。
ボコちゃんの場合は、教えてもらう相手は自分には敵わないと認めている先生とかのが良いみたいですね。

ほんとはもっと、その辺の柔軟性があるといいのですけどねぇ。



幼稚園では、我慢も随分覚えたようです。
そして、オモチャなどもお友達に貸して欲しいと言われたら、以前なら他の物を薦めたりして自分のをあまり貸したがらなかったのに、この頃ではスッと貸したりしている様子。
いとこが遊びに来た時も1年前はケンカすることが多々あったのに、この頃では全然ケンカしなくなりうまく遊べるようになりました。譲歩する気持ちができてきた様子。
それか相手の気持ちを少しは考えれるようになったのでしょうか?
この課題はちょっと、まだまだこれからでしょうね。

相手の気持ちを察するのって、大人でも難しいことありますからね~。(笑)


そんな感じで、この年少の1年は、随分色々と成長したなぁと思います。



年中さんでは、もっと精神面も強く、成長していってほしいですね。



また1年どんな成長が見られるか楽しみでもあります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。